Erykah Badu / エリカ・バドゥ

Biography

エリカ・バドゥ(Erykah Badu、1971年2月26日 – )はアメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のミュージシャン。ヒップホップやR&Bにジャズを融合させたスタイル(ネオ・ソウル)で知られている。

音楽的にマクスウェル、ディアンジェロなどとネオ・ソウル(ニュー・ソウル(Nu soul))と呼ばれることもあり、詩の面ではビリー・ホリデイに例えられることがある。またルーツ・ロック(レゲエ)のバーニング・スピアと共演するなど、音楽的バックグラウンドは非常に豊富である。都会的感性できわめて深い自己内面を歌ったエリカ・バドゥの詩は、聴く者に感情的な葛藤をもたらすことが多いとされる。

Erykah Badu / エリカ・バドゥの経歴

映画を学ぶ為にルイジアナ州のグランブリング州立大学(英語版)の黒人史カレッジに通った。その後完全に音楽へ集中する為に大学を辞め、サウス・ダラス文化センターで子どもに演劇・ダンスを教えたりと、いくつか仕事を掛け持ちした。
1997年2月にデビュー・アルバム『バドゥイズム』発表。全米2位のヒットとなり、グラミー賞ベストR&Bアルバム部門や、ソウル・トレイン・ミュージック・アワードのR&B/ソウル・アルバム(女性)部門等を受賞。

2004年-2005年には日本の歌手のMISIAとコラボレートし、「Everything」をカバーしたり、MISIAのアルバム「MARS&ROSES」に参加。また愛知万博でジョイントライブを行った。
2006年には「ブラック・アイド・ピーズ」のウィル・アイ・アムとともに、セルジオ・メンデスのアルバム「Timeless」への楽曲提供を行った。また、音楽だけでなく俳優として『サイダーハウス・ルール』や『ブルース・ブラザース2000』などの映画にも出演している。