Janet Jackson / ジャネット・ジャクソン

Janet Jackson / ジャネット・ジャクソン
Biography

ジャネット・ジャクソン(Janet Damita Jo Jackson, 1966年5月16日 – )は、アメリカ合衆国のアフリカン・アメリカンのシンガーソングライター、女優。兄の1人はマイケル・ジャクソン。
1980年代以降、商業的に大成功を収めた。安室奈美恵やAI、Crystal Kay、DOUBLEなど、日本のR&Bアーティストにも大きな影響を与えている。

Janet Jackson / ジャネット・ジャクソンの生い立ちと活躍

兄弟とのデュエット曲やバックボーカルとしてのキャリアはあったものの、本格的にシンガーソングライターの道を歩み始めたのは1982年、彼女が16歳の頃である。A&Mレコードからファースト・アルバムとなる『ヤング・ラヴ』をリリースするが、商業的には不発であった。

ジャネットは、次期アルバム制作のため、ミネアポリスで活躍中のプリンス一派のプロデューサーコンビ、ジミー・ジャム&テリー・ルイスの下へ。1986年、これにより完成したサードアルバム『コントロール』を発表。“ジャクソン・ファミリー”のプレッシャーから脱却したいジャネットと、プリンスの影響下から離れてプロデューサーとして自立したいジャム&ルイス、相互のモチベーションが相乗効果をもたらし、アルバムは非常に高いクオリティを達成し、ポップスチャートとR&Bチャートで1位を獲得。アルバム収録曲全9曲のうち6曲までもがシングルカットされ、そのうち5曲はポップスチャートで連続して5位以内に入った。中でも最もヒットしたのが「あなたを想うとき(When I Think Of You)」で、ビルボードシングルチャートにて初の1位を獲得。これ以後、彼女の知名度は飛躍的に高まった。

以来20年に渡って、ジャム&ルイスとのタッグは続き、他のプロデューサーと楽曲を制作することは少なかった。
次のアルバムとなる『リズム・ネイション 1814』がリリースされたのは、1989年になってである。人種差別・性差別やホームレス、薬物などなどの政治問題を積極的に取り入れた本作品は、ポップスとR&Bのチャートで1位を獲得した。

1993年のアルバム『ジャネット(janet.)』からヴァージン・レコードに移籍。シングル「それが愛というものだから(That’s The Way Love Goes)」が、自身最高のビルボード8週連続1位を記録。このアルバムではセクシーな表現が一層目立つようになり、マドンナと比較されることがある。

1997年、アルバム『ザ・ヴェルヴェット・ロープ(The Velvet Rope)』を発表。これ以降は姓を略した「JANET」名義で作品をリリースする場合がある。同性愛やSMやドメスティック・バイオレンスなど様々なテーマを取り上げ、セールスは前作を下回ったものの、亡くなった友人に捧げた曲「トゥゲザー・アゲイン」が全米1位のヒット。

2001年のアルバム『オール・フォー・ユー』は、過去の作品に比べるとポップな内容が受け、日本では80万枚を超える自身最大のヒットとなった。