Keith Sweat / キース スウェット

Biography

キース スウェット(Keith Sweat、1961年7月22日 -)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身のR&B歌手、作曲家、音楽プロデューサー。
独特の声質と個性的な歌唱で、R&B界で独自の位置を確保し、デビューから20年を過ぎた今も根強い支持を集めている。
1987年のデビューアルバム”Make It Last Forever”及びヒットシングル”I Want Her”での、当時としては非常に斬新なサウンドプロダクションにより、後にニュー・ジャック・スウィングと呼ばれるスタイルの先駆者として、よく名が挙げられる(同アルバム及びシングルには、ニュー・ジャック・スウィングの元祖とされるテディー・ライリーが音楽制作と演奏で大きく関与している)。このことから、ダンス/クラブ系シンガーと見なされることもあるが、実際にはミディアム/スローの曲の方が多く、本人も自らについてバラード・シンガーであると発言している。

自らが主催するレコードレーベル名”Keia”は、自身の娘の名前から取られている。

Keith Sweat / キース スウェットの経歴

1975年、Jamilahと言うセミプロバンドのリードシンガーとして音楽活動を開始。バンドはニューヨーク・ニュージャージー・コネチカットの三州を股にかけて活動していた。その後ソロに転向、クラブシンガー、スタジオエンジニアなどを務めながら、デモテープ製作を行っていた。
プロとしてのメジャーデビュー以前は、音楽活動と並行して、ニューヨーク・マーカンタイル取引所で、先物取引業者として働いていた。
1986年、ニューヨークのマイナーレーベルから発表したシングル”My Mind Is Made Up”が小ヒット。ロバート・ギリアムに対するプロデュースなども行う。これらの活動を契機に、プロモーターであるヴィンセント・デイヴィスと接触、彼の主催するプロダクション・Vintertainmentと契約する。

1987年11月25日、デビューアルバム“Make It Last Forever”をエレクトラより発表。これが大ヒットとなり、一躍メジャーアーティストとなる。以後、2011年までに27枚のシングルと、15枚のアルバム(ライブ、ベスト、企画盤を含む)を発表している。これらの内、6枚のシングルがアメリカビルボードR&Bチャートで1位を獲得し、アルバム6枚がプラチナアルバムとなっている。発表したアルバムは全世界で合計2,500万枚以上を売り上げている。

1992年、活動拠点をニューヨークからジョージア州アトランタに移し、自らのレコードレーベル”Keia Entertainment”を立ち上げる。
1997年には、アメリカン・ミュージック・アワードの最優秀R&B/ソウル男性アーティスト賞を獲得した。

Keith Sweat / キース スウェットのアルバム

“Make It Last Forever” 1987
“I’ll Give All My Love to You” 1990
“Keep It Comin'” 1991
“Get Up on It” 1994
“Keith Sweat” 1996
“Still in the Game” 1997
“Didn’t See Me Coming” 2000
“Rebirth” 2002
“Keith Sweat Live” 2003
“The Best Of Keith Sweat” 2004
“The Sweat Hotel” 2007
“A Christmas Of Love” 2007
“Just Me” 2008
“Ridin’ Solo” 2010
“‘Til The Morning” 2011

先達のマーヴィン・ゲイやルーサー・ヴァンドロスの魅力がシルキーでスムーズな歌唱法にあるとすれば、キース・スウェットの魅力は咽び泣くようなネットリとしたヴォーカル・スタイルにあるだろう。万人に受け入れられるスタイルではないだろうが、一度慣れてしまえば、聴き手はバラードで見せる彼の素晴らしい歌いっぷりにグイグイと引き込まれるに違いない。キース スウェットは聴き手を快楽の世界へと誘う、ワザ師なのである。

リッスンジャパン提供. Copyright © 1999 – 2009 Listen Japan. All Rights Reserved.